スキンケアやボディケアはしっかりできているのに、ヘアケアまで行き届いていない方というのは、実は非常に多いんです。肌質やボディラインも年齢を感じさせやすいことは確かなのですが、髪の毛もパサつきなどのダメージがあると、老けてみられるので、日々のヘアケアを大切にしてください。

こちらでは、今からでもすぐにスタートできるヘアケア方法についてご紹介させていただきます。

お風呂上がりのヘアケア

お風呂上がりに、ヘアケアを後回しにしていませんか?夏場は自然乾燥をしたり、タオルを頭に巻いたまま数時間放置したりと、心当たりのある方は要注意です。

髪の毛をコーティングしてツヤを出す役割を果たしているキューティクルは、お風呂上がりの状態だと剥がれやすくなっています。お風呂上がりは、髪の毛を放置せずに、ヘアオイルなどを使ってしっかり保湿をして、すぐにドライヤーで乾かしましょう。

ドライヤーの熱も、髪の毛にダメージを与える要因になってしまいますが、ヘアオイルが髪の毛を守ってくれます。

正しいシャンプーの方法とは?

正しいシャンプーの方法の前に、シャンプー自体に問題がある方も非常に多いんです。ドラッグストアなどで特売になっているようなシャンプーは、洗浄力が非常に強いので、髪の毛が乾燥したり、指通りが悪くなったりする原因になります。心当たりのある方は、オーガニック系のシャンプーなど、優しい原料を使ったシャンプーに切り替えてください。

シャンプーを使う前に、髪の毛を一通りクシでとかしておくと、洗い上がりがサラサラになります。地肌を濡らしつつ、軽くマッサージするのもオススメです。
そして、シャンプーはしっかりと手のひらであわ立ててください。もしくは、ネットを使うと細かい泡が作れるので、そちらも是非試してみてください。頭皮をマッサージする感覚で、地肌を洗えば、髪の毛にダメージを与えることなく髪の毛が綺麗になります。最後の仕上げにすすぎをしっかりしましょう。

日中のヘアケアについて

体や顔にきちんと日焼け止めクリームを塗っても、髪の毛にまで塗る人はなかなかいません。しかし、髪の毛も日焼けをしてしまいます。髪の毛にも使える日焼け止めスプレーもあるので、夏だけではなく冬も使えば、ダメージを抑えられます。

乾燥を防ぐために、ヘアオイルなども使いましょう。

まとめ

傷んでしまった髪の毛も、正しいヘアケアを続けることで、修復されていきます。今からでも決して遅くはないので、ぜひ実践してみてくださいね。

関連記事